educationsalonの日記

Education Salon

教育についての記事。教育現場のあまり知られていない情報をあげています。

無料体験1ヶ月にする理由

Education Salon OSAKAは無料体験が1ヶ月、4回の授業ととなっています。
出講している医学部予備校でその話をすると、破格すぎて「えぇ!?」という反応を受けます。
個別指導の医学部予備校ですと4回の授業で約10万円ぐらいかかります。
そのコストを分かっている上で無料体験を設定しているのには理由があります。
今日はそのことについてです。

  

f:id:educationsalon:20200327085149j:plain

 

慣れてもらうため

Education Salon OSAKAの環境や、授業のシステムに慣れてもらうためです。
Education Salon OSAKAの授業は1時間授業、1時間演習、1時間授業と1回の授業は3時間1セットのものとなっております。これまでに学校の授業しか受けておられない方や集団指導の講義形式の授業しか経験しておらず、個別指導が初めての方もいます。
そういった生徒に慣れてもらうために設定しています。
無料体験授業は講師への支払いは発生するが、塾にとっては利益になるか不透明な部分がありますので、学習塾としてはあまり多く行いたくない時間です。ですので、ほとんどの学習塾の無料体験授業は基本的に1回だけです。
しかし、1回の授業でわかることなんて少ないです。個別指導ですので、授業の時間は生徒と講師の2人で作り上げていかなければなりません。安いサービスでもありません。限られた時間の中で効果をあげるためにも、4回と多めにしています。

 

カリキュラム作成

高校の時は部活動を頑張っていて、あまり勉強はしていなかった生徒や、不登校傾向にあり学校の授業を受けられていない生徒など、大学受験を目標としていても中学校の内容から進めなければならないケースは大いにあります。
本格的に授業を行う前の準備期間として、1ヶ月設けています。
本格的に授業を進めるための基礎固めを1ヶ月で行って、無料体験が終わってから入試対策や今学校で学んでいる内容といった本人のニーズに合う授業を行います。例えば、数3の積分の面積や体積計算が苦手な生徒でしたら、無料授業で積分法の部分を確認したり、微分はしっかり理解できているかの確認するということです。
もちろん、その1ヶ月でバリバリ進もうとするケースもあります。
この1ヶ月でカリキュラムを作成します。
1ヶ月では足りない生徒もいますが、少しでも授業時間があった方が目標達成には近づくと思い行っています。


また、学習計画や志望校の対策など、数学ではないが話さなければならないこともあります。特に多いのが医学部の勝ち方です。Education Salon OSAKAの生徒で多いのがやはり医学部受験の生徒です。
最初はこういった話をする機会が多いですので、無料期間を長く設定しています。

 

人間関係の構築

学習塾の役割は生徒を合格させることではなく、偏差値を含めた学力の向上とコミュニティです。つまり塾という場所は家庭と学校以外のサードプレイスです。ぼくと生徒の二人だけの環境ではなく、年の近いメンバーを含めたコミュニティです。
人間は環境に引っ張られる生き物です。考える人間の隣にいれば、考えるようになります。子どもが1人でいても考えるようになりません。そこにお母さんが送りつけて価値を持たせたのが塾というコミュニティです。
雑談を正当化させるのがコミュニティであり、所属するコミュニティを学校だけの一つに絞ると、人間関係も同じですので、辛くなる場面もあります。しかし、複数のコミュニティに所属していると考え方が変わることもあります。
数学の授業は1対1の個別指導ですが、探究の時間として集団で話す時間も大切にしています。その環境、コミュニティに馴染めるようにも、1ヶ月の体験期間を設けています。授業体験というより、コミュニティ体験としての機能です。

 

やさしい世界にするため

これまでに支払いが一括だったために途中で辞められない生徒や、入会してから自分に合っていない、サービスの質が低いとわかり、残念な思いをする生徒を多く見てきました。説明会や最初の授業のみ力を入れて、入会後はあまり熱量のない授業になっていく。(まるで西大和学園のようですね)
生徒ファーストではなく、利益ファーストになっている塾・予備校は皆さんが思っている以上に多くあります。本人が望んでいない環境に居続けることは生徒にとってやさしいとは言い難いです。無料体験を1ヶ月も設けることはハッキリ言って赤字です。それでも行った方が生徒にとっていいと思っています。
しっかりとEducation Salon OSAKAについて知ってもらい、「学びたい!」「楽しい!」と思っていただく。お互いを知るためにも、多くの時間の共有をするようにしています。

 

 以上のような理由から無料体験を多めに設定しています。
最近ですと、家庭教師のトライも同じようなことを行っています。しかし、家庭教師のトライは大学生のアルバイト講師がほとんどです。大手予備校に出講しているプロ講師の授業が1ヶ月無料は破格だと自分でも思っています。
これがぼくたちの本気だという熱量の現れだと思っていただけますと幸いです。
よかったらホームページも覗いてみてください。

 

 

いかがでしたか?
Education Salon OSAKAのホームページです。
https://r.goope.jp/educationsalon
数学が苦手な方、数学の定期テストで高得点を取りたい方、数学の力をさらに伸ばしたい方。学習相談や進路相談など、お気軽にお問い合わせして下さい^ ^